朝起きて10分間太陽の光を浴びるといいらしいので実践します

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

今日はちょっとゆっくり起きました。

朝起きて太陽の光を10分浴びると良いらしいので、ベランダに出て10分ほど太陽の光を浴びました。

最近台風やらであまり天気が良くなかったのですがとても気持ちよかったです。

太陽の光を浴びるメリット

太陽の光を浴びるメリットっていうのはたくさんあるんですが、

  • ビタミンDにより骨が丈夫になる
  • 免疫効果を高めることにより病気を予防する
  • セロトニンにより精神が安定する
  • 安眠効果がある

などがあげられてて、非常にメリットがあります。

ビタミンDにより骨が丈夫になる

太陽の光が皮膚に当たることにより、皮膚を構成している脂肪酸が変換して、ビタミンDになるそうです。

ビタミンDはカルシウムのバランスを整えたり、骨を丈夫にしたり、免疫力アップ効果もあるということです。

また、ガンの抑制効果もあるという研究もされています。

免疫効果を高めることにより、病気を予防する

ビタミンDの効果の中にもあるのですが、太陽の光を浴びることで免疫効果を高めるということも一般的に知られています。

1日20分日光浴をすることで血圧の降下、心臓病や脳卒中など心臓血管疾患の発症リスクを抑える事ができるというデータも発表されています。

こちらも非常に健康に有効ですね。

セロトニンにより精神が安定する

太陽の光を浴びることでセロトニンというホルモンが分泌されます。

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンという物質からなる物質です。

セロトニン(serotonin)、別名5-ヒドロキシトリプタミン(5-hydroxytryptamine、略称5-HT)は、動植物に広く分布する生理活性アミン、インドールアミンの一種。名称はserum(血清)とtone(トーン)に由来し、血管の緊張を調節する物質として発見・名付けられた[6]ヒトでは主に生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などに関与する。

Wikipediaより

この物質は不安を抑えたり、うつ病を防いだり、幸せを感じるということに直接作用するホルモンです。

なので、太陽光を浴びることで幸せな気分になるということですね。

軽度のうつ病ならば、太陽光に当たることで治ってしまうこともあるということです。

素晴らしい。

最近どうも気持ちがモヤモヤしていたんですが、太陽光が足りていないのが原因かもしれませんね。

安眠効果がある

セロトニンという物質と反しましてメラトニンという物質もあります。

こちらは睡眠を司るホルモンで、安眠に効果的だと言われています。

また、交感神経を刺激することで、体内時計のリセットされ安眠できるということですね。

睡眠障害がある人はどうしても日中に太陽の光を浴びることが少ないことが多いため、きちんと太陽の光を浴びることで、改善されることも多いそうです。

生活リズムを無理せず改善させるためには太陽の光を浴びる事で解決していくことも必要ですね。

私も最近夜型になっているのでちゃんと太陽の光を浴びようと思います。

まとめ

太陽の光を浴びることで様々なメリットがあります。

特に私のようなIT系ですとどうしても部屋の中でPCに向かって黙々と作業を続けることが多くなります。

そういうときこそきちんと外に出て太陽光を浴びたりする必要があるということですね。

また、太陽光を浴びると同時に筋トレやウォーキング、それに加えてマインドフルネスである瞑想なんかも併せて常に健康でいられるようにしていきたいですね。

健康第一。

健康でなければ何も始まりません。

なので、健康にはかなりのウェイトを置いています。

むしろ健康になることも仕事の一環だと言い切ります!笑

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!