神戸市民(関西在住)やけどiPhone8 PlusのApplePayにJR東日本のSuicaを登録したで

Suica 関西 ApplePay

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

えー、iPhone8 Plus、すこぶる快調です。

タッチの感じとかがきちんと気持ちよくできているっていうのがこんなに素晴らしいのかって感じました。

移動の時にJR西日本が発行している交通系ICカードのICOCAを使ってるんですが、チャージがめんどくさい。

せっかくiPhoneにはApplePayと言う名のFeliCaが搭載されているので、今日は関西人がJR東日本のSuicaをApplePayに登録してみましょうという話です。

iPhone8 PlusのApplePayでSuicaを使う手順

簡単な流れとしては、

  • モバイルSuicaのアプリをダウンロード
  • My Suica(記名式)に個人情報を登録してApplePayに反映させる
  • クレジットカードからチャージする

以上です。

用意するものはクレジットカードとiPhoneです。

モバイルSuicaのアプリをダウンロード

まずはApp StoreからモバイルSuicaのアプリをダウンロードします。

Touch ID、めちゃ便利ですね。

Androidのときも指紋認証使ってましたが、iPhoneでは未体験だったので、進化を感じます。

App Storeの評判が悪いんですが、情弱が☆1とかつけた結果なのでほっておきましょう。

対応していないものは仕方ないので。

JR東日本がきちん制作している素晴らしいアプリです。

My Suica(記名式)に個人情報を登録してApplePayに反映させる

Suica発行 MySuica(記名式)

今回は簡単にチャージできるように、クレジットカードから支払いを行いたいので、My Suica(記名式)を登録します。

無記名のものだと、クレジットカードの種類によってチャージできなかったりするので、記名式を選択。

これはどういうことかというと、対応しているクレジットカードをApplePayに登録して、そのApplePayからチャージするという回りくどいやり方をする必要があるので、却下です。

しかも楽天カードでは無記名のためのApplePayが使えません。

関西でSuica買えないので、Suicaカードの取り込みもできません。

なので、記名式を選択するわけですね。

モバイルアプリの中に自分の情報を登録して、クレジットカードも登録します。

ちなみに私は楽天VISAのゴールドカードを使いました。

このカードは別でQUICPayに対応してますんで、ApplePayにも登録できるんですが、それはまた別の話です。

今回はモバイルSuicaに対してクレジットカードを登録したので、ApplePayに直接登録する必要があります。

モバイルSuicaのアプリの流れに沿ってやればそんなに難しい作業ではありません。

サクサクっと終わらせてしまいましょう。

するとApplePayにSuicaが登録されます。

クレジットカードからチャージする

登録が完了したら、そのままチャージ。

入金(チャージ)からそのまま金額を選んでチャージすればいいので、めちゃ便利ですね。

今回は試しに1,000円チャージ。

以上でチャージ完了。

これでApplePayで電車やバスに乗れるはずです。

 

まとめ

ここまでおおよそ3分程度。

めっちゃ早い。

初回登録を合わせてもICOCAを駅でチャージするより早いんじゃないでしょうか。

これでICOCAとおさらばします!!笑

預り金が500円ほど返ってくると思われます。

AndroidスマートフォンでもFeliCaが付いている機種あったんですが、どのみち結構な値段もするし、安価なスマートフォンには結局のところ搭載されていないので、いままで食指が伸びませんでしたが、財布の中のカードが減るし、チャージする手間も省けるし本当に嬉しいです。

ちなみに同時にiPhoneのApplePayにクレジットカードも登録したんで、カードが2枚減ったことになります。

もう免許書と現金だけ持ってたらあんまり困りませんね!笑

近々神戸市バスに乗る機会があるので、本当にApplePayで関西圏のバスに乗れるかどうかを試したいと思います。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!