MacbookのメインのブラウザをGoogle ChromeからSafariに変更しました

Safari

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

Google Chrome。

Googleのサービスとの親和性が素晴らしく、すっごい使いやすいんですがMacbookで使うと不具合が多発。

MacBookProのときはこんなことなかったんですが、なんせMacbookが一番下のモデルなんで、すぐにフリーズ。

なので、今回iPhone8 Plusもう購入して色々と便利になったのでまたまたSafariにスイッチです。

Safariにスイッチした3つの理由

Safariにスイッチした理由なんですが、3つあります。

  1. Macbookのバッテリーの持ちが良い
  2. CPUやメモリを独占しないのでサックサク
  3. iCloudを使ってiPhoneなどとブックマークが連動できる

Macbookのバッテリーの持ちが良い

まさしくこれ。

Google Chromeさんは高性能な分、非常にバッテリーの持ちが悪いのです。

特にMacbook。

軽量ですごくいいMacbookなので、性能を割り切って考えなければいけない部分はありますが、それでもバッテリーの持ちが秀逸なんですが、Google Chromeを使うとみるみるバッテリーが減っていきます。

まぁ充電しながら使えばいいんですが、わざわざ電源を探したりするのが非常に億劫です。

試しにSafariにしたところ、びっくりするくらいバッテリーが減りません。

体感で2倍位違います。

本体の発熱も殆どありません。

本当にバッテリーの持ちが違うというのは精神的にも安心感が違います。

CPUやメモリを独占しないのでサックサク

Macbookですが、1.1GHZのIntel Core m3プロセッサのメモリ8Gのモデルです。

一番ベースグレードの分です。

正直なところGoogle Chromeを使うと、CPUとメモリを独占してしまって、MacOSの動きまで悪くなるんですね。

MissionControlとかそういうトラックパッドを使ったジェスチャーも明らかに悪いんです。

タブを一つくらいしか開いていないにも関わらずです。

そこで試しにGoogle Chromeを終了して、Safariにしたところ全くそんなことはありません。

……。

もうね明らかに本体の温度も違うんです。

Google Chromeは明らかに本体が加熱します。

Safariは若干温かいくらいです。

iCloudを使ってiPhoneなどとブックマークが連動できる

iPhone8 Plusに替えたことも大きいんですが、やっぱりiPhoneもブラウザがSafariなんですね。

Android使っていたときはGoogle Chromeだったんですが、iPhone使っているんだったらやっぱりSafariかなーと。

ブックマークの連動などができるのがやっぱり便利です。

まぁ同じもので揃えたいっていうのが一番の理由かもしれません。

本当に気分的な問題かもしれませんが、Androidをメインに使っていたときはあんまりSafariを使いたくなかったので、不思議ですね。

Google ChromeとSafariの拡張機能

Google Chromeのプラグインがべんりだったので、愛用していましたが、よくよく調べてみると、Safariにも用意されていました。

基本的に使うのが、

  • 1Password
  • Pocket
  • Evernote

くらいです。

この3つがあればあまり困りません。

むしろシンプルにするほうがいいんじゃないかなと思います。

Google Chromeでの検証はMacbookで行わない

私、一応ウェブサイトの制作をしておりますので、やっぱりGoogle Chromeでの検証作業が多くなるわけなんですね。

めっちゃ便利なんですよ。

Macにも同じような検証機能があるんですが、使い慣れていないだけかなとも思う反面、やっぱり検証はGoogle Chromeでやったほうが時間短縮になるんじゃないかなとも思います。

しかしながら、検証作業なんて外でMacbookなんかでやらないので、事務所のWindows PCに任せようと思っています

カレンダーもMacOSのネイティブアプリを使う

Google Chromeで使っていたグーグルカレンダーなどのアプリも別にブラウザで見る必要もなくて、カレンダーアプリを使えば事足りることなので、それらも一気にスイッチしました。

基本的にはGoogleアカウントを同期させてGoogle Calendarを表示させる設定を行えば問題なく表示されたので、全然問題はありませんでした。

デザインや入力方法の違いは見慣れていないだけだと思うのでそのうち慣れるでしょう。

まとめ

MacbookのブラウザをGoogle ChromeからSafariにスイッチしたんですが、Google Chromeが嫌いだとかそういうことではなく、MacbookとGoogle Chromeの相性が非常に悪かったというだけなんですね。

表示の高速さや要素の検証などの機能は秀逸ですし、ブラウザ間の同期も素晴らしいので、ログインすればどのPCでも同じような環境で作業ができるというのが非常に魅力的です。

まぁデスクトップのウィンドウズではGoogle Chrome、MacbookではSafariという風に使い分けをしていこうと思います。

どうしても、外出先でGoogle Chromeを使わざるを得ない場合もあるので、アンインストールはせずにアプリケーションフォルダの中で眠っていてもらいます。

ちなみにこのブログもSafariからWordPressにログインして書いていますが、別段作業効率が下がるということもありません。

むしろ、CPUとメモリを独占して熱暴走をしないため、動きがサクサクで最高です。

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!