自営業やフリーランスについて考えました

私、自営業やフリーランスについて色々と話をする機会がありました。

基本的に利益にこだわらなければならないなと思います。

やっぱり商売ってきちんと利益を出すことを考えていかなければなりません。

でもそれができていない。

自分の利益を出さなければ、結局自分がジリ貧になっていってしまうとうことです。

利益の出る仕事以外は請けない

最近特にそうなんですが、自分が動くときは利益の出る仕事以外は請けないことにしています。

なぜなら、動くだけ損だからです。

動けば動くほど利益が少なくなっていって、赤字になってしまう場合もあります。

仕事してお金支払わないといけないなんてすごく馬鹿らしくないですか?

そこから勉強することなんてあまりないです。

何も考えずに仕事を請けた結果だからです。

もっと考えて仕事を請けるべきなんですね。

時間給だけの仕事は確実に赤字

自営業の人って決まったシフトがあるわけではないので、アルバイトやパートタイムの人のように確実に時給をもらえるわけではありません。

むしろ、仕事があったりなかったりして、安定していないわけなんですね。

だから絶対に時給で換算してはだめなのです。

現在関西ではアルバイトやパートタイマーで結構頑張っても時給1,000円程度なんですね。

「10,000円の仕事が入ってきた!これ2時間位で仕上げて、時給5,000円!ラッキー!」

とか平気で言う人がいますが、それが永続的に続けば素晴らしいです。

1日8時間働いて4万円。

20日働いて80万円。

年収960万。

素晴らしい。

けど、こういうことって99%ありえません。

まぁその1%を目指してるっていうのは事実なんですが。

ただ、その仕事を取るために必要な打ち合わせの時間や、移動の時間、見積もりを出す時間など、以外に時間はかかっているんですね。

時間がかかるってコストじゃないですか。

つまり、時間がかかった分のコストもきちんと考えないと確実に赤字になります。

時間給と日給の目安はどれくらいか

業界によって違うということをまずは頭に入れていただきたいのですが、作業効率やスピードなども考慮して、自分自身で出した結論が次の通り。

時給でいうと10,000円、日給でいうと50,000円です。

自分の仕事の単価がこれ以下だと、やる価値が無いと考えます。

1人の会社だとして経費も含めると最低でも月7〜800,000円程度の売上を出さないと自営業やらフリーランスは存続できないと考えます。

エンジニアなんかだともっと必要かなと思います。

それくらいないとやっぱり広告費や経費とか出ませんし、事務所借りる事も出来ません。

まぁそれでも年収4〜500万程度。

あまり裕福とは言い難いですし、これって結構厳しいですよね??

だから自営業って厳しいって言われてるんですね。

ちなみに個人的には数年後に年収1,000万以上を目指しております。

ただ、世間の荒波に打ち勝った自営業者はやっぱり人間的にもすごい人が多いですが、そんなの独立開業して自営業者になった人の1割もいません。

それでも補助金払って独立開業をすすめる政府の方針はアホとしか言いようがないですけどね。

自営業やフリーランスがもっと効率的に利益をだすために

効率的に利益を出すためにはどうすれば良いのか。

これ簡単です。

自分でなんでもすることをやめることです。

つまり自分でなんでもするから時間がかかり、コストがかかるということです。

利益の出にくいところはアウトソーシングして、自分が一番利益の出せるところで利益を出すということが一番簡単です。

苦手な部分をどんなに努力してやっても時間がかかるだけで利益がでません。

無駄なんですね。

楽しくないですし。

それに能力のある人ほど自分がプレイヤーとして作業なんかをやったほうが早いと思いがちです。

実際に自分でやるほうが早いかもしれませんが、自分がプレイヤーとしてやることで機会損失が発生しているのです。

だから一番利益の出るところ以外でプレイしてはだめです。

自分自信がいちばん利益の出るところだけでプレイするべきです。

利益の出る仕事だけ請ける

昨年の10月11月は忙しすぎて仕事断っていたら、12月と1月と暇だったり。

暇と行っても手は動かしているのですが、これも結局は利益の出ない仕事を請けすぎて10月11月は手が回らなくなり、断らざるを得なくなったことが原因だと思います。

だから利益の出ない仕事は積極的に断るべきです。

もしそれが出来なくて、安く請けたりサービスをして仕事を請けると、それは自分の商品価値を下げる行動になってしまいます。

これって本末転倒。

仕事を発注した方はその場では安く仕事を出せて喜ぶかもしれませんが、結局ジリ貧になり発注側も困ったりすることがあるのです。

無理して仕事すると誰も得しません。

だから利益が出る仕事だけ請ける。

これが鉄則です。

自営業6年目に思うこと

文章を読み直せば、利益利益って書いてますね……。

まぁなんというかそれでも利益に拘る必要があります。

そこが出来てなかったら、ボランティアです。

ちなみに今年の6月で自営業やってまさかの6年目になります。

これからはやっぱり自分がプレイヤーとして動くのは自分の得意分野であるところだけにして、あとは1人で何でもせずに、基本的に外部の優秀な人に任せれる体制を作っていきたいと考えています。

そうすれば自営業やフリーランスでも確実に成功する!って信じてます。

というか、最初からブレずにこの考えでやればよかったなと今更ながらに後悔しているのは秘密です。

Follow me!