死んだつもりで働くっていうのは1日15時間で年間4140時間仕事するってこと

35歳から「一生、負けない」生き方

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。

35歳から「一生、負けない」生き方という本を読みました。

死んだつもりで働きます。

「必勝型」「圧勝型」「死んだつもり型」「10倍型」

あんまり頑張るのが好きではないですし、淡々と継続しながら働くっていうことを意識してたんですが、毎日継続する量が全然足りないということに気づきました。

よくよく考えると、どうも手先のテクニックだけで効率よく仕事をこなすってことにばかり意識が向いていたんではないかなという結論に達しました。

この本の中で、「必勝型」「圧勝型」「死んだつもり型」「10倍型」なんていう表現が出てきまして、すごく腑に落ちました。

それぞれ、毎日の仕事をする時間の事を言っているんですが、「必勝型」は1日12時間、「圧勝型」は1日14時間、「死んだつもり型」は1日15時間。

そして「10倍型」は1年間に6000時間以上働くということだそうで、エジソンやフォードがこのレベルだそうです。

おそらく、イーロン・マスクなんかも月に400時間働けとか言っているんで、年間4800時間になりますので、そのとおりでしょう。

 

ここらへんの話を聞くと、自分なんて本当に全然仕事量が足りないと感じます。

やる気が出るとか出ないとかいう話ではありませんが、単純に今の自分の時間に対してまだまだ仕事に向き合っている時間というものが全然足りてないんだなと感じました。

まだまだ自営業で食べていけるだけの分しかありませんし、吹いて消えてしまいそうな事業ですのでやっぱり経営基盤をしっかりしたものにしていきたいと考えています。

そのためには、やっぱり死んだつもりで働く必要があるわけですね。

自分の1番得意なWebの分野で死んだつもりで働いてみて、時間をしっかりとかけてその分野で第一人者になり、絶対負けない人生を過ごしたいと思います。

「量は質を凌駕する。」

まさにそのとおりです。

という事で今日から毎日15時間労働です。

今日から10年間は死んだつもりで働きます。

ちなみに仕事が好きなので、頑張りはしませんが、淡々と働いて、タスクをこなしていきたいです。

労働基準法なんて自営業には適用されませんが、死んだつもりで働いて圧勝します。

なんだか決意したら働くことに対してすごくいいイメージが湧いてきたので、早速働きます。

年末までに1,000時間以上を目標にします。

まずは働いた時間を塗りつぶす進捗表を作ろうかなと思います。笑

35歳から「一生、負けない」生き方 ランチェスター秘密の人生法則
竹田 陽一 栢野 克己
経済界
売り上げランキング: 61,061

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!