ブログに見る継続の力

今日もブログをご覧くださいましてありがとうございます。

ずーっとずーっと経営者として色々な方と接するんですが、やっぱりイケている人もいればそうでない人もいるということです。

個人的な判断基準になりますが、その違いって継続できるか出来ないかじゃないかなと。

なので、自分もイケイケになりたいので、色々と継続しています。

で、自分の中の判断基準で思い当たるのがまずブログじゃないかなと。

一応ホームページの会社をやってるので、ブログの担当者にこう伝えます。

「最初は無理して長い文を書かなくても簡単でもなんでもいいのでちゃんと毎日書いてね!」

と伝えています。

毎日書く習慣ができれば、あとはコンテンツを構築するのが簡単だからです。

 

経営者だろうが、従業員であろうが老若男女誰であろうが言うことは一緒です。

「グダグダ言わんととにかくはよ書けやコラ!!」

って言いたいのが本音なのすが

「ちゃんとブログ書いたらアクセスも上がって、ちゃんとお客さん来てくれますよ。」

と優しく言ってます。

 

何故かと言うと、ブログほど継続の力が働くことってないからです。

きちんと書くことで、例えば1日0人だったとしても、1日1人しか読まなくても、そこにはブログを書いたという結果が残ります。

そういうことって必ずインターネット上の何処かに残るわけです。

最初は誰も見向きもしなくても、例えばそれが10日続けばどうでしょうか。

100日、1000日と続けばどうでしょうか。

どんなに小さなことでも積み重ねていけば、その人が発信したいことって必ず伝わります。

 

なのできちんと続けてブログは書いてほしいなというのが、私の持論なんですね。

だから企業ブログとかでも経営者のブログを書いているところって必ず儲かってます。

 

逆に、ブログ一つ続けて書けないやつが、経営者として人の上に立つのって難しいんじゃないかなとも考えてます。

まぁブログ書くこととは別に、ちゃんとハガキを書いたり、DM出し続けたり、そういうブログを書く以上の手間がかかることを続けている場合は、ホームページすら必要ない場合が多いので、そういう特殊な例は省きます。

 

私、スタートアップでホームページ作らせていただいたりしますが、ここ5年位色んな方のスタートアップを見てきました。

結論から言うと、言い訳せずにブログをちゃんと書いている会社って、個人だろうが、一人親方だろうが、最初の予算があろうがなかろうが、どんな業種であれ業績は上向きになってます。

社員さんみんなでブログを続けるようなシステムを作ってる会社ってのももちろん業績は上向きになってます。

 

逆に予算をどんどん突っ込んで広告出しても、続かないところって何しても駄目です。

ブログすら続かないのに、広告を出してそれを改善し続けることなんて出来るはずもないからです。

 

自分自身の戒めを込めて書きますが、方向修正って大事です。

こっちがだめだからあっちをやる。

今後先細りになりそうな業界だから、もう少し大きな市場で勝負できるような会社にしていこう。

もちろん大事です。

でもね、方向修正って毎度毎度うまくいくわけではありません。

方向修正したけど、だめだった。

でももう一回方向修正しよう。

それがだめならまた繰り返し繰り返し……。

修正を重ねれば重ねるほど正解に近づいて、成功することが出来る。

成功失敗の確率を1/2としても、それを6回繰り返せば98.534%が成功となり、ほぼ成功となります。

つまり、成功するまで方向修正し続けることが大事だということなんですね。

 

今回はブログを例に上げましたが、やっぱりたかがブログ、されどブログ。

ブログ一つにそういうことって出ていると感じます。

どれだけ偉そうに言っている人でもきちんと続けてないと偉くもなんともないです。

どれだけ地味な人でも、きちんと続けることが出来る人は尊敬します。

 

保険の営業の方も、手紙をきちんと出せる人は手紙を出した枚数の年収があると聞いたことがあります。

それも毎年何千枚と出しているそうです。

何千枚も出すということは少なくとも1日に数枚出すことを毎日継続しているんでしょう。

 

継続の力は複利だと言われていますが、それも本当でしょう。

続けることの力って本当に強力ですから、どんなに小さなことでも習慣化していってきちんと力をつけていきたいなと考えています。

そろそろ動画も発信する準備も整ってきたので、あとはやるだけなんですが!!笑

いつからやろうかなと思案中です。

誰か後押ししてください。

マジで。

Follow me!