CANON PowerShot G7x Mark Ⅱは最高のコンデジ【レビュー】

Canon Powershot G7x Mark2

ミラーレス一眼のEOS-Mを売りさばいたお金で購入してから5ヶ月あまり。

やっぱりコンデジは楽。

12インチのProではないMacbookもそうなんですが、思っている以上に機動力っていうのは武器なのかなと感じます。

G7xMarkⅡを5ヶ月使ってみての感想をまとめてみました。

正直なところ、仕事以外の撮影では一眼レフを持っていくのを一切やめました。

お散歩スナップカメラに一眼レフはいりません。

娘とかの運動会とか音楽会とかは別ですが、それでも最近だと便利ズームつけたエントリーモデルのEOS Kissとかでも全部撮影できます。

デカイ一眼いらんorz

1Dとか役に立たんorz

しかしながら1インチセンサーの恩恵は凄いです。

本当に恐ろしいカメラやで。

ということで5ヶ月(中途半端)経ちましたのであらためてカメラの良かった点といまいちな点をあげます。

G7x MarkⅡを買ってよかった点

  • 軽いので機動力がある
  • 中央一点にすればフォーカスも高速
  • 1インチセンサーと明るいレンズでボケ感がキレイ
  • Wi-Fiでスマホと繋がるからSNSに投稿しやすい
  • 液晶がチルトするので自撮りできる
  • 結構なクオリティで動画も取れる

軽いので機動力がある

これは普段から一眼持ち歩いていたので、非常に恩恵を感じます。

逆にでっかいカメラ持ち歩いている人が気の毒になるくらい。

ファッションとして一眼持っている人はほっときます。

一眼にパンケーキレンズつけるくらいなら、こっちのほうが全然軽いですし、かさばらない。

凄い荷物が軽くなりました。

写真撮影時は中央一点にすればフォーカスも高速

価格コムで一眼カメラのフォーカスがどうとか言っている人は素人ですので、そんな意見を無視しましょう。

サイン誤差はありますが、中央一点にしてフォーカスをすればエントリーモデルでも恐るべき速さでフォーカスしてくれます。

G7x MarkⅡも然りです。

撮影モードはPでもAvにしてフォーカスは中央一点で爆速にしていたほうがピントが思いのままです。

オートフォーカスは飾りじゃないでしょうか。

動画のフォーカスについては意外とまともですが、パナソニックのGH系などには叶いませんが及第点かな。

迷いますが、人の顔はきちんと認識しています。

1インチセンサーと明るいレンズでボケ感がキレイ

ボケがきれいなのがこのG7xMarkⅡの一番の特徴でしょう。

単願のカメラで、ボケ感を出すには、センサーを大きくする以外光学的に不可能なんです。

iPhone7+なんかのスマホのカメラの値段が高くて良いやつが2つレンズが付いているのはそのせいです。

光学性能が悪いから、ボケ感を合成しようとしてそうなってます。

でもやっぱり合成とは明らかに違う。

技術が追いつくまではまだ難しいでしょう。

レンズも明るいレンズなので、ボケ感が単焦点レンズをつけた一眼のような美しさです。

絞ったら勿論改造感もいいです。

スマホとは明らかに違います。

Wi-Fiでスマホと繋がるからSNSに投稿しやすい

でも投稿するのはやっぱりスマホなんですね。

でもいちいちスマホにSDカード挿してとか面倒くさい。

しかしながらWi-Fiにつながることで割りと手間が減りました。

これがiCloudのフォトストリームとか、Google Photoのように自動的にバックアップしてくれると非常に便利ですね。

もうちょっと先に実装されるのではないでしょうか。

撮影した画像をスマホに送り、Instagramなどで加工を行ってアップロードする。

このスキームがめちゃ楽になりました。

この機会にインスタフォローしていただけましたら飛び上がって喜びます。

G7x MarkⅡ作例も増やしていきます。

液晶がチルトするので自撮りできる

チルト液晶は最優先で判断しました。

これがあるからG9xではダメなのです。

自撮りしたかったからG7xMarkⅡを選択しました。

YouTubeとかで自撮り動画を取るのにも役立つし、家族全員入って写真を撮ることもできるからです。

セルフィーも撮影していると、凄い楽しいです。

女性なんかスマホと全然綺麗さが違います!!

自撮りがフォトジェニック感満載になります。

結構なクオリティで動画も取れる

ほとんど一眼レフの動画と遜色ないピントの薄い動画がとれます。

シネマ動画と言われる部分です。

4Kはまだ必要ないでしょう。

フォーカスは若干迷います。

これは限界でしょう。

次期モデルでの改善して欲しいところです。

G7x MarkⅡのイマイチな点

あんまりないです。

動画時のオートフォーカスがパナソニックのGH系と比べて明らかに劣ります。

まぁ20万円以上するマイクロフォーサーズと比べるのはおかしいのですが、あのクオリティが実装できれば怖いものなしですね。

あとは音声のクオリティを上げてほしいなと。

これも正直なところ、マイクが小さいのでこれ以上はどうしようもないです。

録音できるだけましなので、どうしても音のクオリティあげたいときはPCMレコーダーとか併用したいと考えてます。

G7x MarkⅡの総評

本当によくできたカメラです。

旅カメラにはもってこい。

海外行くのもこれだけでいいかな。

連射も効くので、動くものもそこそこいけます。

ただ、本格的に撮影する運動会やら、音楽会には気合を入れてこのカメラとEOS Kissの55−250とか買って持って行ったほうが良いですね!!

適材適所で撮影機材は選びましょう。

消費しない生活を心がけているので、投資となるようなもの以外は極力買いませんが、このカメラは本当に良かったです。

ありがとうCANON、ありがとうG7xMarkⅡ!!

Follow me!