MX Master 2SのUnifying接続がイケてないので、Bluetoothアダプターを買いました

 

Bluetooth®4.0+EDR/LE対応 USBアダプター BSHSBD08BK

Logicoolの MX Master 2Sというマウスを使っていますが、ある一点を除けばこのマウス、ジェスチャー機能もあり横スクロールホイールもあり最強です。

そう、その一点とは接続。

今のPCとの接続が超絶不安定なのです。

どうやらUnifyingという接続方法に問題がありそうです。

Logicool MX Master2Sを買ったった

他のDellのWindowsノートとかもこのマウス使ってみたんですが、全然問題はありませんでした。

むしろ快適そのもの。

なんで今までこのマウスを使わなかったんだと思うくらいの出来栄えでした。

もちろんMacbookとかもスイスイ動く。

横スクロールホイールを使えばChromeにならんだタブの切替もスルスル行くし本当に最高でした。

しかしながら、メインのWindows機につなぐとどうしてもブツブツ切れる。

なんでや!!と発狂しそうになったことが何度もあり、挙げ句の果てにはアマゾンで新しいマウスを物色し始める始末。

まぁこんな高性能なマウスに代わるマウスはそうそうないので、困っていた矢先です。

ついに気づきました。

「あれ、Unifyingで繋いでいるからか??」

そうなんです。

このPCだけUnifyingでPCとマウスを繋いでいました。

Unifyingとは、Logicoolが使っている規格の一つで、マウスやらキーボードやらその他の無線の入力デバイスと繋いでるUSB機器です。

うちのメイン機はドスパラで注文したBTOデスクトップなので無線関係全くついてません。

Wi-FiもUSBアダプターを介して繋いでます。

なので、このUnifyingアダプターをつなげて、MX Master 2SとキーボードのK780を繋いでました。

そしてひらめきます。

「Bluetoothで繋いだら上手いこと動くんじゃないか!」

そう、DellのノートもMacbookもBluetooth接続をしていました。

以前のMacbook Proのみ英字配列の問題で、Unifyingを使ってましたが、こちらはすこぶる快適でした。

LogicoolのキーボードK780のキー配列をMacBook Proと同じJIS配列にする方法

ということで、どうやらBluetoothのほうが動作が安定しそうなので、ソフマップへ行って購入。

Bluetooth®4.0+EDR/LE対応 USBアダプター BSHSBD08BK

はいどーん。

税込み1030円です。

Windows8対応っていつの在庫やねん。

まぁこういうものは対して性能が変わらんですし、マウスとキーボードさえ上手く動けばいいので細かいところは無視です。

で、早速Bluetoothで再接続。

結果……。

めちゃめちゃ動きが良くなりました。

本当に!!

買って感動するレベル。

ほんとうにストレスでストレスでどうしようかって思うくらいだったんですが、そのストレスが一気に解消しました。

Unifyingよりもものすごく動きがいいです。

MX Master 2Sはジェスチャー操作ができるんですが、Unifyingそのジェスチャーなんて10回に一回すればいい、もうほとんど反応しない時もありました。

Bluetoothにて接続することで、ほとんど100%の改善が見られました。

純正のアダプターよりも反応がいいって言うことは、電波レベルで何かが干渉しているかもしれません。

その原因を突き止めることはかなり難しそうなのでやめておきます。

うーん、マウスが快適だと仕事が捗って捗って大変です。笑

Follow me!

投稿者プロフィール

古田 健
古田 健37Design 代表
サンナナデザインの代表の古田健のブログです。
2016年からゆる~くつづけて、2017年にリニューアルしました!