30分間高速音読をやり始めました

本を30分間超高速で音読し、それを半年ほど続けると非常に良い影響があるとのことで、やってみようと思ったのでやってみました。

これが最初から口が回らないのでなかなか難しい。

超高速音読侮るなかれですね。

まとめサイトで見たことなので、本当に科学的な根拠なんてないんですが、30分間高速音読の効果としては、

  • 一ヶ月で頭が良く回転するようになり、言葉がスラスラ出てくるようになる
  • 3ヶ月で物覚えが良くなり、ワーキングメモリーが増加してくる感覚が出てくる
  • 6ヶ月で決断力が増加し、芯のある考え方ができるようになる

があるそうです。

高速でわかりにくい文章を読もうとすることにより、脳が頑張って処理する。

その結果、脳が鍛えられて、このような効能効果が出てくるとのことだそうです。

これが本当だったらすごいことですね。

結構頭使っているようで使ってないので、脳トレの一環としてやり始めようと思った次第です。

で、実際に高速音読を30分続けた結果なのですが、30分位楽勝だとおもってたんですが、めちゃめちゃ長く感じます。

1時間位本をよむこともあるから最初は甘く見ていましたが、やっぱり音読は比較にならないくらい辛いものがあります。

口とか喉の渇きよりも、むしろ頭が熱くなる感覚です。

読む本はなんでもいいということなので、目の前にあったビジネス書を読みました。

英語の本なんかも高速音読してもいいかもしれませんね。

実際に30分やってみたところの進み具合なのですが、ハードカバーの本で50~60ページ読めるような感じです。

いつも行ってる速読なら1時間で300ページ程度は読めるので、だいたい3倍位かかっているかなという感じです。

で、きちんと音読した結果、速読よりもゆっくり読んでいる分、理解は深まるかなと感じます。

なぜかというと、一字一句きちんと読むことで本来の文章の意図のようなものも、速読に対して遥かに感じることができるからです。

効果があるかどうかってのは正直なところわかりませんが、頭が熱くなるということはしっかりと脳を使っている証拠なのかもしれません。

とりあえず、継続してみて素晴らしい効果が出るようならば、習慣づけて続けていきたいですね。