クライアントさんとのコミュニケーション

本日も恒例のWeb講習。

ワードプレスの内部の構造と、管理画面やテーマの改造、CSSの追加などについて。

そこで気になったクライアントの関係について、ちょっと長文になってしまいましたが書きました。

Webでもなんでもそうなんですが、目的があってそのために手段を考えるというのが一般的だと思います。

しかしながら、目的が曖昧な場合だとか、定まっていない場合ってどうなんでしょう。

おそらく目的を達成するための手段が曖昧になってくるでしょうし、八方美人的なアプローチしかできなくなります。

方法はいくらでもありますし、それぞれにメリット・デメリットもあります。

どのアプローチでも行けるんですが、今回のWebのレクチャーの中で、目的が全然定まってなかったので、そのようなことが気になりました。

 

先方さんがWebのコンテンツを変更できるようにしたいということを聞いたんですが、今回はどこまでを触れるようにすればいいのかということが曖昧でした。

Web管理の観点からするとWebを知らない人間が触る部分っていうのはない方がいいのです。

しかしながら、昨今のWebの事情ではコンテンツを作り出して、そのコンテンツが人に評価されることが検索順位をあげることにつながるため、やはりコンテンツの更新をする必要があります。

そこで、ブログなどをきちんと書くということがしっかりとした運営につながってきます。

うちがやってるクライアントさんの場合、固定ページなどのコンテンツは弊社、ブログやニュースなどの時系列で表示するものはクライアントさんということで住み分けをしています。

 

ただ、今回の場合これがそうではない。

管理するコンテンツを触りたいという要望があったとのことです。

弊社ではそれなりの予算を立てていただいて、そういう仕様を作るか、予算が取れない場合は断ります。

正直なところ、自社とクライアントさんが良い関係を作る上で、このようなことは絶対に避けなければならないと考えてます。

クライアントさんが触るということは、触っていい部分と、触ってはいけない部分を分けなければいけないですし、そうすることでもちろん予算がかかってきます。

専門的な話になりますが、ワードプレスで、カスタム投稿を設計し、カスタムタクソノミーでカテゴリをしっかりと作り、その編集権限をしっかりと分ける。

そこら辺をしっかりと設計しないと無理なわけです。

 

しかもクライアントの要望に沿ったものを作るということは、それだけパーソナライズが必要なわけで、打ち合わせももちろん必要になってくるわけです。

シビアな話をしますが、打ち合わせに費用がかかっていないと思っている人がいますがそうではありません。

人件費、交通費、その他の経費がもろもろ全てかかってます。

経営者としてはそういうことを無視してはだめです。

 

もちろんクライアントの希望を叶えることでお金を頂いてますので出来る限り希望を叶えてあげたいという想いももちろんあります。

しかしながら、むちゃくちゃな要求をしてくるクライアントの要求は聞く必要もないですし、そういうクライアントは金額を安くしたいだけなので、仕事しなくてもいいと思います。

そういう人に対してはどんどん断りましょう。

仕事をしてはいけません。

自分とクライアントさんは常に良い関係を気づくことが大切です。

お金を支払う側が強い、そういうことはもちろん感じていますが、今回のようなケースでは予算的にも厳しいですし、そういう仕様を追加するということはやはり断るべきかなと思った次第です。

もちろん説明不足ということもありこちらが全面的に正しいということもありませんし、向こうがどれだけのものを要求しているかわからない場合もあります。

しっかりと契約に盛り込んでおくなりして、できること、できないことの区別を付ける必要があるんじゃないでしょうか。

私も割りとなあなあでやってる部分が多いですし、それが人情味というならばそれは悪い習慣です。

自分でできること範囲の最大値を考えて、それで相手もこちらも利益がしっかりと出るようにしていかなければ、事業をやっている意味がありません。

自分自身もきちんとできること、できないことを明確にしてクライアントさんに提案したいなと改めて思いました。

そして仕事を請けた場合だけでなく、こちらがお客さんになった場合も、出来る限り良いお客さんとして仕事をお願いしたいものですね。

いろいろと考えさせられた一日でした。