父の日でした

今日は父の日だということを忘れてました。

上の娘、下の娘からそれぞれ、「かたたたきけん」、「びーるつぎけん」、「せなかふみけん」、「なんでもするけん」をもらいました。

うん、嬉しい!!
もったいなくて使えませんね。笑

ついこの間まで夜遅くて、娘が寝てから帰宅することが多かったんですが、最近は自宅で仕事をしていることが多いので、出来る限り娘といる時間を増やしています。

上の娘は最近小学校に行って足し算をずっと頑張ってます。

もうね、頑張りすぎてて、できない事があれば悔しい気持ちがすごくわかります。

自分もできないことがあるのが嫌いだったからです。

だから頑張ってる姿をみると、本当に応援したくなります。

最近はそうやって壁を乗り越える度に強くなっていくのがすっごくわかるから、どんどん壁を乗り越えていってほしいです。

逆に下の娘はお歌を頑張ってます。

自分の好きな歌とか、勝手に作って勝手に謳ってます。

いろんな歌が混ざってくることが本当に面白いです!

最終的には幼稚園の歌になったり、おかあさんといっしょの歌になったりして何の歌かもわからなくなってくるんですが。

そういうのを見ていると一生懸命になんでもやるっていうことの大切さを再確認できるような気がします。

やらされていることを、ひとつひとつやめていって、やりたいことだけに一生懸命に全力投球する。

そういうスタイルを忘れずにこれからも進みたいものですね!!

いやはや、子供が育つと、親も育ちます。

子供から教えられることのほうが多いなと思った父の日でした。