LGの23.8インチ4Kモニター4UD58-Bのトリプルディスプレイのレビュー

4K トリプルモニター 23.8 LG

はい、やりました。

PhilipsのBDM4350UC/11から、LGの23.8インチ4K液晶の24UD58-Bのトリプルモニターにチェンジです。

これ以上の快適さはないと感じましたのでレビュー。

Philipsの43インチ液晶のはいい液晶ではあるんですが、机の上に置くような自分の環境には適してませんでした。

端の方が見にくいのと、Windowsの特徴であるウィンドウの最大化による整頓が非常にやりにくい。

よって、今回手持ちのLGの23.8インチ4K液晶を2枚追加して、トリプルモニター環境を構築しました。

4K一枚で3840×2160ピクセルなので、11520×2160というめちゃめちゃ広大なスペースです。

HDディスプレイ12枚分。

アホですね。

23.8インチなんですが、型番は24なので、24インチでもいいのかな??

午前中に届き、早速繋いで見ましたが正直なところ、感激するくらい使いやすい。

先日買ったPhilipsが話にならないレベルです。

フィリップスの43インチ4Kモニター買ったけど、大きすぎて大失敗

HD液晶を3枚揃えようかとも考えたのですが、MacBookなんかのRetinaディスプレイに慣れてると、どうしてもピクセルが気になるので、やっぱり4K液晶をチョイス。

4Kは正直ピクセルが見えない。

ブラウザで見てもシステム見てもフォントが本当に綺麗です。

一番のエントリーモデルながらIPS液晶だし、色の違いもほとんどなかったし、色の違いが本当に顕著に出る紙媒体でも必要があれば、キャリブレーションすればいいだけの話です。

ここだけの話、MacBookとかMacbookProほとんど色目も変わりませんでした。

これ、3万円ちょっとのディスプレイにしては異常なくらい綺麗です。

その昔はフルHDで3万円くらいした記憶がありますが。j

今までの環境はMacbookなんかのThunderboltから、LGの23.8型4K液晶に繋いでたんですが、それでもデュアルディスプレイ環境にしかなりませんでした。

グラフィックボードを積んでいないモデルでしたので、4K2枚の追加はさすがに厳しかったです。

しかしながら今回はGeForce GTX1070搭載。

Illustratorを開きながら、PhotoshopとDreamweaverが使えるなんて素晴らしいことこの上ない。

アマゾンのプライムビデオ見ながら作業できるなんて幸せなことこの上ない。

PremiereProとかAftereffectなんかの動画の編集なんかも圧倒的に楽。

モニター3枚で10万円以上しますが、下手にカラーマネジメントのモニター使うくらいなら、4Kモニター使う方が綺麗かなと感じます。

あと、23.8(24)インチなんですが、これも27にしなかった理由は、視点の移動の多さと価格です。

視点の移動が多ければ多いほど目が疲れます。

1日10時間以上作業する時もあるので、これは非常に重要。

机の奥行きが70cm以上あれば、27インチの4Kでも問題ないと感じました。

Philipsでも感じましたが、大きなディスプレイは離れないと見にくいです。

なので、現状160cm幅、奥行き60cmの机なので、27インチのトリプルはちょっと大きすぎるかなと。

トップの写真の机が160cmですから、比較してもらえれば。

あと、実質的に価格も23.8インチと27インチでは一枚あたり1万円以上違います。

3枚なら4万円近く変わってきます。

LGの4K、まだまだ耐久性とかはわかりませんが、綺麗だし、いろいろと比べて見て本当にベストバイかなと感じました。

特にクリエイターは3画面あれば作業が超絶捗ります。

あとはこの液晶、スタンドがかなり圧迫感あるので、モニターアームをどれにするかってことと、ゲームがどれくらい動くかですね!笑

モニターアームがないと、机の上が狭いです。

あとは144駆動とか、1msの反応速度のぬるぬるモニターは無理でしょうけども、遅延のないフルHDくらいの綺麗さで動いてくれれば万々歳です!笑

ちなみに結構な確率でアマゾンでクーポンあれば2,000円引きやってたりします!

Follow me!