フィリップスの43インチ4Kモニター買ったけど、大きすぎて大失敗

PCの新調と合わせてモニターも購入しました。

Philipsの43インチ4Kモニター、BDM4350UC/11です。

うちの机にはデカすぎた。

今まで23.8インチのLGの4Kモニターを使ってたんですが、これがなかなか良くて。

しかしながら作業効率を上げるためにもっと作業面積を上げようと思ってたんですね。

そこで目に入ってきたのが、Philipsの43インチモニター、BDM4350UC/11です。

これ。

昨日注文して今日届きました。

まず驚いたのは、箱デカい。

そして中身を開封して設置してみました。

開封の儀とかはしませんので悪しからず。

ええ、そうです。

左が23.8インチのモニター。

右が43インチのモニター。

……。

大迫力ですね。

……。

デカすぎるわ!!!

もう窓と同じくらいデカいです。

1m以上空けないとどうしても作業できません。

うちは机の奥行きが60cmなのですが、どうやっても目が痛い。

やっぱり1mは必要です。

……。

正直失敗かなと。

しかもWindowsのマルチモニター昨日はモニターの大きさを考慮していないため、マウスのスクロールが非常に不便です。

モニターの端がそのままモニターの端に行くような感じでものすごく不自然。

Macはモニターの大きさをきちんと考慮してくれるマルチモニターのインターフェイス。

Windowsは同じモニターをマルチモニターにすることしか考えてないです。

マルチモニターとはいえ、非常に違和感があったので、却下です。

こういうところはWindowsはまったくもってだめですね。

そしてレビュー見てると解像度がいいとか言いますが、HDDisplayではなく、RatinaDisplayに慣れている身としては近づいてみるとピクセルが見えるのやっぱり気に食わない。

ネットの評判だけ見てもだめだということですね。

このモニターで作業効率が良くなるというやつは本当かなと。

いい勉強になりました。

おとなしく23.8インチの4Kモニターをあと2枚増やします。

Follow me!