中国出張1日目、臨平へ

雪

神戸市北区の朝一番の様子です。

本日から春節前の中国に出張です。

3回目の中国出張となる今回の出張では手袋や鞄の縫製工場の撮影や、実際の貿易の商談など盛りだくさんです。

 

リムジンバスで関空へ

今回のフライトは13:30分のフライト。

昼からのフライトはめちゃくちゃ楽ですね。

今までは朝4時に車で出発してましたが、今回はお昼のフライトということで7時頃出発です。

いつもは神戸空港に車を置いて、神戸-関空ベイシャトルに乗って関西国際空港へ……てな感じで行ってたのですが、雪も降っていたということもあり神戸市バスに乗り、三宮へ行き、その後リムジンバスで関空へいくことにしました。

昨日の雪の影響でもしかすると交通機関がだめかなと思っていたのですが、全然影響無しでとてもよかったです。

リムジンバスも乗ってみると楽ですね。

ベイシャトルよりも多少時間がかかりますが、神戸市バスでいくときなど、時と場合によって使い分けようと思います!!

神戸関空リムジンバス

予定していた時間よりも1時間も早く到着しましたが、こういうときは何があるかわからないので、早め早めの行動を心がけるようにしてます。

関空から東浦国際空港へ

今回の便は中国東方航空です。

チケットが25,300円。

1ヶ月くらい前に予約しましたが、正直東京に新幹線に乗って行くより安いです。

中国東方航空

中国の地方の航空会社って大丈夫なのか?

と少し疑問でしたが、日本人の乗務員さんもいて全然大丈夫でした。

機内食みんな不味いと行ってますが、全然平気です。

普通にチキンライスみたいなのを食べました。

うん、早く儲けてビジネスで行けるようにします!!

中国到着、リニアモーターカーに乗って臨平へ

そして中国到着。

現場のアテンドしていただいているIさんと出会い、今回の目的地の一つである臨平へ。

時間短縮のため、今回はリニアモーターカーのMagrevに乗りました。

Magrev 速度430km

時速430km。

初めて乗ったときは手に汗握りました。

Wikipediaより

上海トランスラピッド上海マグレブ)(簡体字:上海磁浮示范运营线 繁体字:上海磁浮示範運營線 日本語:上海磁気浮上式鉄道実証運転線)は中華人民共和国上海市浦東新区上海浦東国際空港にアクセスする、トランスラピッド方式による磁気浮上式鉄道の交通機関。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%83%E3%83%89

地下鉄を乗り継ぎ臨平へ到着しました。

現地もとても寒いので、鍋を食べましょうということで、しゃぶしゃぶを食べに行くことに。

中国しゃぶしゃぶ

鍋と言っても1人しゃぶしゃぶです。

これがまた美味い!!

つけダレを自分でトッピングしてつくるのですが、肉味噌やらピーナッツソースやら色々と混ぜて作ったところめちゃめちゃ美味しい。

こんなん日本でも絶対流行ると思います!!

ただ据え付けのIHコンロの向きが逆だったり、中国独特のいい加減さも感じながら食事を楽しみました。

臨平ホテル

ホテルはいつも宿泊している臨平ホテルに宿泊です。

臨平ホテル

臨平ホテル

値段は300元くらいで、日本円にしておおよそ5,000円程度です。

広いし結構豪華。

このクオリティで5,000円は日本ではないですね!!

電源は220Vですが、MacBookの充電器やらANKERのUSBの急速充電アダプターは使えるので、パソコン周りでそんなに困ることはないかなと。

電気シェーバー用の110V電源もありました。

Wi-Fiは中国の電話番号をもっていないとホテルのWi-Fiに接続できないので、香港経由の中国SIMを持っていっているのですが、これがとても助かります。

1Gが2,000円のものと、2Gで1,900円くらいの分があるのですが絶対に後者のほうが得です。

SIMカードのトレイを開閉するピンがついてないので、ピンを用意しておくか、ゼムクリップなんかを持っていくことをおすすめします。

お風呂のバスタブはないのですが、シャワーブースのお湯もしっかり出ますし、トイレも綺麗なホテルです。

きれい好きの日本人も抵抗がないかなと思います。

それでは今日は移動で疲れたので、早く寝たいと思います!!

Follow me!